成長ホルモンの役割
成長ホルモンとは?使うとどうなるの? メディカルサロンの成長ホルモンスプレー 低身長対策~成長ホルモンで背を伸ばす~ 成長ホルモンを処方できるか判定

成長ホルモンスプレーとは

四谷メディカルサロンで開発され、四谷メディカルクリニック内で調合されている「成長ホルモンスプレー」。1日に3~6回舌の下にスプレーするだけで、成長ホルモンの効果がしっかりと現れます。

あなたに成長ホルモンを処方できるか判定します(無料)

処方を希望する場合は、四谷メディカルクリニック(03‐3225-1515)にご相談ください。

成長ホルモンスプレー

成長ホルモンスプレー

成長ホルモンスプレー

成長ホルモンスプレーの誕生

アメリカで主流化しているアンチエイジングにおける成長ホルモンの投与は注射による投与であり、インスリンと同じように自己注射です。ところが費用が非常に高く、気軽に取り組めるものではありません。アメリカのクリニックや日本の美容外科では、6ヶ月分で通常約200万円以上の費用がかかります。

そこで誕生したのが「メディカルサロンの成長ホルモンスプレー」です。成長ホルモンを舌下投与方のスプレーへと改良し、四谷メディカルクリニックでの実際の健康管理指導現場で利用しています。

成長ホルモン処方に関して

※成長ホルモンは日本、アメリカ、その他の欧米諸国において処方せん医薬品に分類されています。入手にあたっては、医師の診察と処方が必要です。医師による診察、処方、その他の指示なしで入手した場合は、法により罰せられることがあります。
もっと詳しく

なお、アメリカでは鹿角抽出エキスのスプレー剤を「本物の成長ホルモン」と銘打って一般販売されていますので注意してください。

成長ホルモンスプレーの使い方

成長ホルモンスプレーの使い方口を開けて舌を上げて、舌の下へスプレーします。1日3~6回吹きかけます。その後5~10分は飲食をしないでください。1週間のうち、5日連続で使用したら、その後2日間は抜いてください。

メディカルサロンの成長ホルモンスプレーはなぜ1本で3か月分なのか?

研究の結果、成長ホルモンは含有濃度を高くしたほうが、舌下からの吸収力は高まることが判明しています。また、舌下に噴霧される溶液量は少ないほうが吸収力は高まります。噴霧される溶液量が多くなると吸収される前に飲み込んでしまう率が高まります。これらを検討すると、1回の投与で必要な成長ホルモンを高濃度少量の舌下投与にする手法が優れていることになります。

そのように調整すると、一般的な30cc型容器に適量(25cc)の成長ホルモンスプレー溶液を満たすと、自動的に3か月分になりますが、濃度を薄くして1つのボトルに1か月分を詰め込んだ一般のものに比べると飛躍的に効果は高まります

実際に、インターネットで購入した輸入の成長ホルモンスプレーでは効果を感じなかったが、メディカルサロンの成長ホルモンスプレーに代えたら、効果がすぐにわかった、という人が大勢います。

最近は、ミニボトルを使って1か月分に調整された成長ホルモンスプレーを利用する人も増えてきました。1か月分のミニボトルを希望する人は、その旨を申し出てください。

※使用量は目的により個人差が出ます。処方時の医師の指導に従ってください。

成長ホルモンスプレーに関するネット上の一部書き込みについて

成長ホルモンの舌下投与スプレーに関して、個人ブログや、実際に臨床経験したことのない医師が、様々な意見を述べています。それに対して、Q&Aでお答えします。

成長ホルモンは胃の中で分解されるから効果がないという話を聞いたことがあるのですが・・・。
成長ホルモンは舌下から吸収されて、血中濃度が高まります。胃を通過しませんので、胃は関係ありません。
バラバラのアミノ酸になって吸収されるから効果がない、という話がありますが。
成長ホルモンは191個のアミノ酸がつながったペプチドホルモンです。大分子ですが、舌下からすぐに吸収されて、血中濃度がスパイク状に高まります。その結果、投与初回に「クラッとする」というめまい的なものを感じる人がいます。バラバラに分解されるのは小腸内のことですので、そのような話は、何かを錯誤した話に過ぎません。
「スプレーでたとえ少し血液中に吸収されたとしても、成長ホルモンを注射したときと同じぐらいの血中濃度にするには、注射する量に比べてよほど大量の成長ホルモンを投与することが必要になるので云々」という学会の見解がありますが。
成長ホルモンの舌下投与スプレーの臨床経験がない医師たちが空想で話しているにすぎません。この分野の独自研究が可能なのは、実際に成長ホルモンの舌下投与スプレーの臨床経験を積んだ医師に限ります。一般に、医師は自分の経験がない話が出たときは、否定する癖を持っています。注射で投与したときは緩徐な血中濃度上昇のために変換されたIGF-1の作用が主となり、舌下投与した際は、血中濃度スパイクが形成され、成長ホルモン(ソマトトロピン)そのものの作用が主となる、ことなど、学会の医師たちに教えてあげたい話(研究成果)はたくさんありますが、こちらからわざわざ教えてあげる必要はないと判断しています。
なお、この学会の見解では、アルギニンの無効性を訴えておりますが、子供に対するアルギニンの成長効果には、成長ホルモンの分泌刺激とは関係なく、独自に有する蛋白同化作用が関係しています。学会の見解は、かなり焦点ボケした稚拙な見解です。

成長ホルモンをあなたに処方可能か判定

成長ホルモンは処方用医薬品ですので、医師による処方が必要です。あなたに処方可能かどうかを判定いたします(無料)。結果をメールにて返信いたします。

成長ホルモン処方判定