成長ホルモンの役割
成長ホルモンとは?使うとどうなるの? 成長ホルモンの舌下投与型スプレー 低身長対策~背を伸ばす医療~ 成長ホルモンを処方できるか判定

成長ホルモンの舌下投与型スプレー(通称:成長ホルモンスプレー)の効果・効能

ホーム > 成長ホルモンの舌下投与型スプレー > 成長ホルモンの舌下投与型スプレーの効果・効能

医学・医療にはすべて確率論的な要素があります。医薬品の効果に関しても、それぞれ、「このような治療を行ったら、○%の人にこのような効果が現れた」というのが中心的な考え方になります。成長ホルモンも同様に、すべての人に同じ効果があるわけではなく、この人にはこんな効果が強く現れたが、あの人にはその効果が感じられなかった、ということがしばしばです。

「成長ホルモンをどのような目的で利用できるか」を解説します。医学・医療における確率論をよく理解した上で、読んでください。

体力とスタミナの向上、疲労回復

体力とスタミナの向上、疲労回復

日ごろ、疲れて運動できないといっていた人が、すすんで身体を動かすようになります。ゴルフを1ラウンドやってもう疲れていた人が、さらに1.5ラウンドめをやりたくなります。長距離走るときのタイムは非常によくなることが多いです。

成長ホルモンによるスタミナ向上作用は非常に強力で、オリンピックなどのアマチュア競技ではドーピング薬剤にあたると認定されているほどです。日常生活の活力は極めて高まります。

明るい気分になる

明るい気分になる

都会の繁華街では、何か良いことがありそうな予感を感じて若者が徘徊しています。成長ホルモンを投与すると、その頃の「何か良いことがありそうで、心が楽しくなる」という感じがよみがえります。ショッピング意欲が高まります。うつ気味になって家で閉じこもって生活している人でも、元気よく遊び歩きたい気持ちが高まってきます。これが成長ホルモンの脳に与える作用です。

前向きになり、積極的になり、ポジティブになり、チャレンジングになります。そして、物事に対して、億劫でなくなります。日常生活の活動性が高まるのです。

シワ、たるみの軽減、消滅シワ、たるみの軽減、消滅

皮下組織の水分含有率が高まって、肌のハリと弾力がよみがえります。目じりの小じわがなくなったり、首スジのしわがなくなったりします。手の甲のハリは顕著によみがえります。

ゴルフの飛距離が伸びることが多い

筋力を発達させる効果があるので、いつもゴルフをしている人はドライバーやアイアンの飛距離が伸びることが多いです。ドライバーは20ヤードくらい、アイアンは1~2番手ほど飛距離が伸びることが多いです。ウェイトトレーニングで筋肉を鍛えると、メキメキと筋肉が発達してきます。腹筋や三角筋がきれいに割れてくることもしばしばです。70歳で、鉄棒での懸垂が10回できるようになった人もいます。

背が伸びる

17歳までの人が利用すると多かれ少なかれ身長が伸びます。2~10cmぐらいの効果です。20歳を超えても、成長ホルモンの舌下投与型スプレーで背が伸びる人がいます。2cmぐらい伸びる人はざらで、26歳で5cm伸びた人もいます。

一般的に医学教科書では「骨端線(骨が作られるところ)が閉じた後の18歳以降は背は伸びない」と記載されていますが、現実的には伸びる人がいるから驚きです。ただし、18歳以上の人の身長を伸ばす効果は確率論的なデータが確立していませんので、どうしてもチャレンジしたい人だけが利用するのがいいでしょう。

勃起力が高まる 勃起力が高まる

四谷メディカルサロンで成長ホルモンを投与するようになってから、バイアグラを利用する人が半減しました。勃起力を高める効果はかなり強いようです。

バストが大きくなり、形が整う

乳腺のラクトゲン受容体に働いて、バストを大きくします。成長ホルモン投与後2週間ぐらいで反応して、バストが大きくなり始めます。成長ホルモンで大きくなったバストは、投与を中止しても小さくなりません。10歳代で大きくなったバストは、その後小さくならないのと同じです。2週間で反応しなかった人は、まだラクトゲン受容体が成熟していない人たちです。そのときは、投与を中断して1年後にもう一度チャレンジしてください。

若ハゲ防止、発毛

20歳代で髪が抜け始めて、30歳台で急速に若ハゲが進行する人がいます。抜け毛が目立ち始めた人が、成長ホルモンを利用し始めると抜け毛がピタリと止まることがしばしばです。20歳代で急速に体内で減少する成長ホルモンが抜け毛と関係しているのでしょう。

夜就寝中、トイレに起きる回数が減る 夜就寝中、トイレに起きる回数が減る

成長ホルモンの効果で、最も数字で証明されるのが、夜間の排尿回数です。「夜中の3時に起きてトイレにいっていたという人が、朝の6時まで行かなくなった」「夜中に2回起きていたのに、明け方の1回になった」というふうになります。

その結果、熟睡できるようになります。

内蔵脂肪の減少内臓脂肪の減少

成長ホルモンには脂肪を分解する効果があります。特に、内臓脂肪が減ります。身体全体が締まってきて、20歳台の頃の若々しいプロポーションがよみがえります。

その他、思わぬ効果も

  • 褥創の治りが早くなります。寝たきり状態などで、褥創ができて悩んでいるときは、成長ホルモンを利用てみてください。みるみるうちに治っていくことがしばしばです。
  • 曲がった腰が伸びてきます。年をとって腰が曲がってしまった、と悩んでいる人は成長ホルモンを使ってみてください。腰が伸びてきます。
  • 歯槽膿漏で悩んでいた人が成長ホルモンを使い出してから、歯の調子がよくなったという人がいます。一度試してみてください。口内の免疫力が高まるのでしょう。口臭がなくなったという人もたくさんいます。
  • 膝の痛みで悩んでいた人の膝の痛みが軽快します。軟骨芽細胞に働きかけて軟骨の修復力を高めることと、大腿部の筋力を高めることの両方の作用の結果だと思います。

成長ホルモンの舌下投与型スプレー

成長ホルモンの舌下投与型スプレー

医師から処方される「成長ホルモンの舌下投与型スプレー」。一般的な容器で1日に3~6回舌の下にスプレーするだけで、成長ホルモンの効果がしっかりと現れます。

あなたに成長ホルモンを処方できるか判定します(無料)

※医師によって処方される成長ホルモンの舌下投与型スプレーは、承認されている医薬品を診療所内等で適正に調剤したものです。
※投与量、投与回数などは、処方された舌下投与型スプレーにより異なりますので、処方された際の担当医の説明に従うようにしてください。