成長ホルモンの役割
成長ホルモンとは?使うとどうなるの? 成長ホルモンの舌下投与型スプレー 低身長対策~背を伸ばす医療~ 成長ホルモンを処方できるか判定

成長ホルモンオンライン処方判定

ホーム > 成長ホルモンの舌下投与型スプレー > 成長ホルモンオンライン処方判定

成長ホルモンを処方できるか判定できます!

成長ホルモンは処方用医薬品ですので、医師による処方が必要です。オンラインであなたに処方可能かどうかを判定いたします(判定無料)。問診表にご記入の上、送信してください。医師による判定結果をお届けいたします。

※メディカルサロンのドクターに依頼して、コメント付きの判定文を作成してもらっています。あくまで、処方が可能かどうかの判定だけですので、実際の処方を希望する場合は、医療機関の受診が必要です。

成長ホルモンの処方に関して

※医師によって処方される成長ホルモンの舌下投与型スプレーは、承認されている医薬品を診療所内等で適正に調剤したものです。
※投与量、投与回数などは、処方された舌下投与型スプレーにより異なりますので、処方された際の担当医の説明に従うようにしてください。

※ドーピング目的の利用に関して

アメリカでは低身長治療以外への成長ホルモン処方が全面的に禁止されました。ドーピング目的の利用が増えたからです。

成長ホルモン成長ホルモンの舌下投与型スプレーを実際に利用した人には、気づいている人が多くいると思いますが、「持続力が高まる」「瞬発力が高まる」「集中力が高まる」という効果があります。その結果、「長距離走や水泳のタイムがよくなることが多い」「ゴルフやバッティングの飛距離が伸びることが多い」などの副次的効果が現れます。

しかも、成長ホルモンはもともと体内に存在する成分ですので、ドーピング検査で見分けることが困難です。実際に投与した瞬間を目撃しない限り、ドーピング事件として発覚しません。したがって、アメリカでは低身長治療以外の目的で医師が成長ホルモンを処方することそのものが禁止されました。

メディカルサロンでは、もともと「低身長治療」「抗うつ効果」「疲労回復効果」「美容効果」「熟睡効果」を目的として希望する人にのみ処方し、アマチュア競技で順位を競っている人への処方は控えてきました。今後ともこの方針を続けるつもりですので、スポーツ競技において順位を競っている人は、処方の希望を控えるようにお願い申し上げます。

お問合わせ

TEL:03-3225-1567 (平日13:00~16:00)

お問合わせフォームはこちら