成長ホルモンの役割
成長ホルモンとは?使うとどうなるの? 成長ホルモンの舌下投与型スプレー 低身長対策~背を伸ばす医療~ 成長ホルモンを処方できるか判定

成長ホルモンによる容姿の回復

成長ホルモンを使うと肌のハリが回復するのはナゼ?

肌のハリの変化

肌のハリの変化

赤ちゃんの肌はプルプルに張っています。20歳でも肌はパチパチに張っています。そして25歳から衰え始めます。60歳をこえると、つまんだ手の甲の盛り上がりが元に戻らなくなります。

なぜでしょうか?

なぜ肌のハリがなくなっていくの?

なぜ肌のハリがなくなっていくの?

皮下組織の水分含有率が低下するのです。

・赤ちゃんの皮下組織水分含有率:88%
・20歳の皮下組織水分含有率:68%
・60歳以上の皮下組織水分含有率:40%

皮下組織の水分はなぜ減ってしまうのでしょうか?

皮下組織の水分はどうして減るの?

皮下組織の水分はどうして減るの?

ヒアルロン酸などの保水物質が減ると同時に、保水物質と水分子の吸着率が低下するのです。保水物質(ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、etc...)と水分子とがしっかりくっついていれば、肌の弾力、ハリは保たれるはずなのです。

なぜ年とともに、吸着率が低下するのでしょうか?

なぜ吸着質が低下するの?

なぜ吸着質が低下するの?

保水物質と水分子とを吸着させる作用をもつもの、それが成長ホルモンです。成長ホルモンは、13~17歳をピークとして25歳前後から血中濃度が急低下します。それに応じて肌の弾力、ハリがなくなってくるのです。

どうしたら肌の弾力、ハリを回復できるのでしょうか?

どうしたら肌のハリを回復できるの?

どうしたら肌のハリを回復できるの?

もっともてっとり早い方法は、成長ホルモンの舌下投与型スプレーを利用することです。

成長ホルモンは保水物質と水分子を吸着させる働きをするため、肌がふっくらと膨らみ、目の周りの小じわや口のまわりのしわが軽減します。

私は「成長ホルモン」の処方を受けられるの?

成長ホルモンをあなたに処方可能か判定します

成長ホルモン処方判定

成長ホルモンは処方用医薬品ですので、医師による処方が必要です。あなたに処方可能かどうかを判定します(無料)。結果をメールにて返信いたします。