成長ホルモンの役割
成長ホルモンとは?使うとどうなるの? 成長ホルモンの舌下投与型スプレー 低身長対策~背を伸ばす医療~ 成長ホルモンを処方できるか判定

成長ホルモンと不妊症治療

ホーム > 成長ホルモンを使うと…? > 成長ホルモンと不妊症治療

ほとんどの人は「年齢とともに衰えるのは当たり前」と思っています。しかし、成長ホルモンを利用すると、気力、体力、容姿を取り戻すことができます。成長ホルモンの舌下投与型スプレーで利用する限り、いつでも医師に相談できる上に、副作用の心配はほとんどありません。

40歳前後の女性で成長ホルモンの舌下投与型スプレーを使っていると、突然、妊娠することがあります。優秀な卵子ができるのでしょう。ここでは、成長ホルモンの舌下投与型スプレーで利用したときに、身体がどのように変化していくかをお話いたします。

成長ホルモンと不妊症治療・・・良質の卵子ができるのだろうか?

30歳から40歳の年齢で成長ホルモンの舌下投与型スプレーを利用している人から、妊娠した人が高頻度に現れています。「病気になる前の医療」に、しっかりとした医療の形式を作り上げることをテーマとして、研究を続けている私(風本)にとっては、実に気になる出来事です。

もともと私が医学部生だった昭和60年前後の頃には、「初産は20歳代でするべき。30歳代になると先天異常の頻度が増える」と勉強してきました。医師の頭の中には、「30歳を超える初産は、トラブルが多い」とインプットされているといっても過言ではありません。トラブルというのは、出産時の母体のトラブルという意味ではなく、先天異常のトラブルや、なかなか妊娠できない、あるいは妊娠してもすぐに流産する、というトラブルです。

価値観の多様化に伴い、晩婚化が進み、都会部においては、20歳代で妊娠出産する人が極端に少なくなってきました。30歳代になって、急に妊娠・出産を希望する人が増えたのですが、すでに手遅れというケースがしばしばです。20歳代なら簡単に妊娠できたのに、30歳代になると、初産になる妊娠が難しいのです。一般的に、30歳代でも2人目、3人目の妊娠ならすぐできる、と言われていますが、現実的には、20歳代で1人目は出産したけれども、30歳代になって2人目がなかなかできない、という人も多くいます。そのような背景を受けて産婦人科領域では、不妊症治療が大きなテーマになっています。

健康教育をテーマとしているメディカルサロンとしては、最初の妊娠出産は20歳代でしなさい、という教育をすすめたくなりますが、いまさらそれを語っても、すでに30歳代になった人の慰めにもなりません。

20歳代ならきちんと妊娠できるのに、なぜ30歳代になると妊娠が難しいのでしょうか?

その答えは、「母体の衰え」に他なりません。卵子が衰えるのか、子宮そのものが衰えるのか?あるいは出産に耐えられない身体であるというのを本能が認知するのか?どちらにしても人間生理的には、加齢に伴う衰えであるのは間違いありません。

成長ホルモンは、もともと加齢による衰えを回復させることで注目されました。

成長ホルモン(成長ホルモンの舌下投与型スプレー)を男性に投与すると、たいていの場合で精子の量が増えます。男性なら比較的早く実感できます。成長ホルモンの蛋白同化作用の影響なのか、あるいは成長ホルモンが精子を作る過程の細胞に直接、何らかの作用を与えているのかはわかりません。精子の活動性も高まる傾向があります。

女性の場合には、これと同様の作用をもたらすと想定することができます。つまり、卵巣に対して、成長ホルモンが何かの働きかけを行い、優秀な卵子を作り出している可能性があるのです。私が何人かの女性からか届いた「妊娠しました」という言葉を重宝すると、「成長ホルモンと不妊症治療」は、まさに研究テーマとして、価値ある内容のように思います。成長ホルモンと不妊症治療

ただし、成長ホルモンには、意欲を高める作用、精力向上の作用がありますので、結果的に性行為の頻度を高めることがよくあります。妊娠したのは、単純に性行為頻度の増加によるものかもしれません。

この分野の研究を深めていこうと思っています。

成長ホルモンの舌下投与型スプレー

アラフォーは特に必見!「成長ホルモンを使うと、こうなる!」

医学・医療にはすべて確率論的な要素があります。医薬品の効果に関しても、それぞれ、「このような治療を行ったら、○%の人にこのような効果が現れた」というのが中心的な考え方になります。成長ホルモンも同様に、すべての人に同じ効果があるわけではなく、この人にはこんな効果が強く現れたが、あの人にはその効果が感じられなかった、ということがしばしばです。

医学・医療における確率論をよく理解した上で、読んでください。

使いだした初日から・・・

使いだした初日から、「ぐっすり眠れる」というのに気づきます。また、目の疲れを感じなくなります。「夜遅い時間に、小さい字の本を読むのが苦痛でなくなる」という感じです。男性なら、初日に勃起時の硬度が高まり、精液量が増えていることに気づきます。

使い出して数日経つころには・・・

使い出して数日たつころには、「疲れなくなった」というのに気づきます。スポーツをしている人は、集中力が高まっているのに気づきます。ゴルフをする人は、1ラウンド後の疲れが軽減します。
また、1週間もしないうちに、爪が丈夫になり、伸びるのが早くなります。また、髪にツヤが出て伸びるのが早くなります。高齢の人は、夜、トイレに起きる回数が減ることがしばしばです。

使い出して2~3週間経つ頃には・・・

使い出して2~3週間たつ頃には、「妙にポジティブになってきた」ということに気づきます。活動的になって、気がついたら外出意欲が高まっています。何かいいことがありそうないい気分になってきます。20歳代の女性の場合、この頃からバストアップすることがしばしばです。筋力強化のトレーニングをしている男性の場合は、「妙に筋肉が発達しやすくなった」というのに気づきます。他人から、「若々しいオーラが出ているわよ」と指摘され始めるのもこの頃です。

1ヶ月経つ頃には・・・

「けっこう食べているのに太らなくなったな」と気づくのは、この頃です。もともと更年期症状を感じていた人は、この頃にはほとんど感じなくなります。

2~3ヶ月経つ頃には・・・

2~3ヶ月経つ頃には、ウェストがくびれてきて、妙に若々しい体系になってきます。柔軟運動をしている人は、「関節の柔軟性が高まった」というのに気づきます。皮下組織のヒアルロン酸が増えて、肌全体にハリが出てくるのもこのころです。

6ヶ月継続したら・・・

6ヶ月継続したら、さらに継続してもいいですし、一時中断してもかまいません。中断しても、急に衰えることはありません。中断した時点から、いつもの老化が再開するだけです。

私は「成長ホルモン」の処方を受けられるの?

成長ホルモンをあなたに処方可能か判定します

成長ホルモン処方判定

成長ホルモンは処方用医薬品ですので、医師による処方が必要です。あなたに処方可能かどうかを判定します(無料)。結果をメールにて返信いたします。