成長ホルモンの役割
成長ホルモンとは?使うとどうなるの? メディカルサロンの成長ホルモンスプレー 低身長対策~成長ホルモンで背を伸ばす~ 成長ホルモンを処方できるか判定

背を伸ばす法則

幼少時から小さい子供

幼少時から小さい子供は、7~8歳くらいから漢方薬の「童伸(どうじん)」とコラーゲン純粋抽出物である「背伸美肌(せのびはだ)」を利用する。状況によっては、成長ホルモンスプレーを少量利用する。

第二次成長期が始まったら、成長ホルモンと骨端軟骨の閉鎖を遅らせる薬を併用し、男子なら身長170cm以上。女子なら身長155cm以上を目指す。

童伸、背伸美肌などのお求め

第二次性徴が早くに始まった子供

第二次性徴期が早く始まった子供に対しては、思春期の発来を遅らせる医薬品を利用する。場合によっては成長ホルモンスプレーを併用する。

第二次性徴終了段階の男子

第二次性徴期の最終段階で、ここ1年で1cmぐらいしか伸びていない男子に対しては、骨端線の閉鎖を遅らせる医薬品と成長ホルモンを併用する。女子に対しては、慎重に対処する。

二十歳を超えている方

20歳を超えて背を伸ばしたいと希望する場合は、成長ホルモンスプレーをまず1ヶ月投与する。残存骨端軟骨がある場合は1ヵ月後に1~1.5cmほど背が伸びているので、その場合は骨端軟骨の閉鎖を遅らせる医薬品を併用する。成長ホルモンはスプレーから注射に変更する場合もある。

10歳代で成長ホルモンに反応するかが不明の場合

10歳代で成長ホルモンに反応するかどうか不明の場合は、とりあえず1ヶ月成長ホルモンスプレーを投与してみることがある。1~2ヶ月たって反応がない場合は、漢方薬の「童伸(どうじん)」を併用する。

童伸、背伸美肌などのお求め

成長ホルモンの分泌が少ない成長期の子供

-2.5SD以下の身長ではないが、成長ホルモンの分泌量が少ない成長期の子供には、成長ホルモンスプレーを投与する、反応がいい場合は、成長ホルモン注射に切り替える。「童伸(どうじん)」は必ず併用する。

童伸、背伸美肌などのお求め

成長ホルモンスプレー投与回数について

成長ホルモンスプレーは、最初は朝、昼、夕の3回投与する。1ヶ月たって反応が悪いようなら、夕方から就寝までに3回投与に変更する。

成長ホルモンを処方できるか判定(無料)!

成長ホルモン処方判定