成長ホルモンの役割
成長ホルモンとは?使うとどうなるの? メディカルサロンの成長ホルモンスプレー 低身長対策~成長ホルモンで背を伸ばす~ 成長ホルモンを処方できるか判定

はじめに

1998年、「寿命管理」「体調管理」「容姿管理」の健康管理指導を行っている四谷メディカルサロンでは、成長ホルモンの舌下投与型スプレーを開発し、依頼者の「イキイキ元気生活とアンチエイジング」「低身長治療」に役立ててきました。約20年の診療経験をもとに、身近になった成長ホルモンの全貌をまとめました。

成長ホルモンの舌下投与スプレーを大人が使うと

成長ホルモンスプレー

舌の下に、1回2プッシュで、1日に3回投与すると、下記のような効果が得られます(3回目は、就寝の2時間前までに終えてください)。毎日投与しても、5日投与して2日間休んでも、効果はほぼ同じです。
10年、15年以上連用している人がたくさんいますが、副作用はありません。(稀に、バストが痛いほど張るという人がいます)

成長ホルモンの処方を希望する人はこちら

  1. 体力、筋力が高まり、日常生活では、疲れなくなる、疲労回復力が高まる
    筋肉の瞬発力、持続力が高まります。水泳や長距離走のタイムが向上するので、競技ではドーピング薬物の扱いになります。と言っても、異常な大量投与をしない限り副作用の心配はありません。低身長治療目的で、野球部の子供に投与すると、「低めの球を打った時に、打球が良く伸びる」と言います。
    日常生活的には、「疲れなくなる」という効果になります。坂道を登るのが苦でなくなったりします。動き回っても疲労度が低いので活動度は間違いなく高まります。
  2. 意欲的になり、行動が億劫(おっくう)でなくなり、ポジティブになる
    「なにか、いいことありそうな予感がして、ウキウキする」という若いころの気持ちがよみがえります。年を取って「落ち着いた」と言われるのは、この気持ちがなくなっていたからだ、というのに気が付きます。
    積極的に活動するようになり、「ああ、年を取ってから、何事にもおっくうになっていたんだな」ということに気づきます。
    家で閉じこもっている高齢者が利用すると、急に「デパートに行きたい」「海外旅行に行きたい」と言い出して、周囲の皆をびっくりさせます。
  3. 爪が丈夫になり、髪が伸びるのが早くなり、肌にハリが出てくる
    使いだして2~3週で、爪が丈夫になって伸びるのが早くなっているのがわかります。髪が伸びるのも早くなります。この効果が出てくると体内の蛋白同化作用が高まっていることの証拠となります。次のステップでは、皮下組織のヒアルロン酸量が増えてくるので、肌のハリが回復してきます。
  4. バストのハリが回復し、ウェストがくびれてくる
    女性の場合は、ラクトゲン受容体に働きますので、出産などでしぼんだバストのハリが回復します。腸の周囲にあるホルモン感受性リパーゼの活性を高めますので、内臓脂肪が減り、男女とも、ちょっと運動すればウェストのくびれが回復します。
  5. 睡眠が深くなり、夜中に起きる回数が減る
    使いだすとすぐに、睡眠が深くなります。夜中に2回、3回とトイレに起きていた人は、起きる回数が減ります。
  6. 精液量が増える
    利用した男の70%の人が精液量の増加を実感します(50歳以下の人はほぼ全員が実感します)。
  7. 自覚できない効果
    採血するとナチュラルキラー細胞の活性が高まりますので、免疫力が高まっているのがわかります。また、もともと子供の背を伸ばす作用を持ちますから、骨粗しょう症の予防になります。

成長ホルモンの処方を希望する人はこちら

成長ホルモンの舌下投与スプレーを子供が使うと

成長ホルモンとは?

成長ホルモンで気力、体力、容姿を若返らせる!

脳下垂体ホルモンとは、内分泌器官から分泌されて、血液中を巡って、標的器官に作用する微量物質のことです。成長ホルモン以外に、甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモン、女性ホルモン(エストラジオールなど)、男性ホルモン(テストステロンなど)、アドレナリンなどが、有名です。
成長ホルモンは、脳下垂体から血液中に分泌され、骨端線の細胞群、筋肉細胞、脂肪細胞、線維芽細胞などに作用します。

手の甲を指でつまんでみてください。昔は張っていたのに、つまんだシワが残りませんか?成長ホルモンの役割
これは成長ホルモン(growth hormone)と大きな関係があります。成長ホルモンは皮下組織の繊維芽細胞に働きかけて、コラーゲンやヒアルロン酸を生合成し、皮下組織に水分を集めて、弾力と膨らみを持たせる役割を持っています。

20歳の女性は肌がピンと張っていますが、25歳がお肌の曲がり角と言われます。成長ホルモンは13~17歳をピークに急速に低下し、30歳以降は10歳ごとに25%ずつ低下します。これに伴い、肌に弾力性がなくなりシワが目立ち始めるのです。

成長ホルモンで背が伸びる

子供の背が伸びるのには、成長ホルモンが大きく関与しています。成長ホルモン分泌不全症の子供の場合、身長が十分に伸びません。成長ホルモンは、骨端線に働きかけて、軟骨細胞の分裂増殖、そして、一つ一つの軟骨細胞の肥大化、骨化において、重要な役割を演じているのです。成長ホルモンで背が伸びる

成長ホルモンを使うと「背が伸びる」

なお、低身長の治療に関して詳細に知りたい人は、
低身長治療/背を伸ばす医療・すくすく をご覧ください。

成長ホルモンでバストアップと不妊症治療

この効果は、具体的で、劇的で、わかりやすいです。バストのハリの回復は、成長ホルモンを開始して1週間以内に分かります。
バストアップは、成長ホルモンを利用開始して2~3週間で手ごたえを感じるようになれば、その後に大きくなっていきます。2~3週間でバストに反応を感じなければ、ラクトゲン受容体が未発達と判定できますので中断するのがいいです。なお、バストがはりすぎて痛いという人がまれにいますが、その場合は投与を中止することがあります。成長ホルモンでバストアップと不妊症治療

不妊治療中に成長ホルモンを使うと、卵子のグレードは着実にアップします。不妊治療を行ってもダメで諦めていたのに、成長ホルモンを使用していたら、突然妊娠した、ということがときどきあります。
下記のコーナーをよく読んでください。

成長ホルモンスプレー

医師の処方が必要です。処方を希望する人は、四谷メディカルサロン(03-3225-1515、現「四谷メディカルクリニック」)へ

成長ホルモンの役割

成長ホルモンの本来の役割

  • タンパク質の合成
    成長ホルモンは筋肉へのアミノ酸の輸送を増加させタンパク質の合成を盛んにし、それらの結果、筋肉が発達
  • 糖質代謝
    血糖値を高め、組織でのエネルギー消費を高める
  • 脂肪代謝
    脂肪細胞中に蓄えられていた中性脂肪を分解し、血液中に遊離脂肪酸を放出させ、その遊離脂肪酸は肝臓内で分解され体脂肪が減少
  • ミネラル代謝
    カルシウム、リン、マグネシウムの代謝に影響し骨形成を促進。小児においては長骨を伸ばす作用を持つ
  • プロラクチン様作用
    成長ホルモンは、「ラクトゲン受容体」に結合するため、乳腺の発育や乳汁生成にも関係
 

成長ホルモンに関する概説

成長ホルモンは、脳の下垂体から血液中に分泌されるホルモンで、アミノ酸が191個つながったペプチドホルモンの構造をとっています。10歳から14歳の頃に血中分泌量のピークを迎え、未成年の子供に対しては、背を伸ばす役割を持っています。14歳以後は、徐々に血中分泌量は少なくなり、50歳を超えると、ピーク時の5分の1から7分の1の量に減ってしまいますが、高齢になっても体内では重要な役割を担っています。

子供に対しては、成長ホルモンは長幹骨(大腿骨など)の骨端線に働きかけ、軟骨細胞の分裂増殖、分裂した軟骨細胞の肥大化、血流中の胚細胞の骨端線軟骨細胞への分化誘導などの役割を通じて、子供の背を伸ばしていると推測されています。したがって、子供の成長ホルモンが十分に分泌されなければ、背が十分に伸びず低身長状態が続いてしまいます(成長ホルモン分泌不全性低身長症)。
成人に対しては、筋肉に対する蛋白合成作用、心筋収縮力増強作用、線維芽細胞のコラーゲン・ヒアルロン酸合成能力の向上、腸周囲のホルモン感受性リパーゼを活性化させることによる内臓脂肪の減量作用、脳に対する何らかの作用を有しています。

筋肉や心筋収縮力に対する作用、疲労回復効果

成長ホルモンの筋肉や心筋収縮力に対する作用は強く、長距離走や水泳のタイムが飛躍的に向上します。また、瞬発力も高まり、野球では低めの球を打ったときの打球が伸びる、ゴルフでは単純に飛距離が伸びる、などを実感することができます。もちろん、成長ホルモン投与はスポーツ競技においてはドーピングに相当し、禁止されています。といっても、異常大量投与をしない限り、副作用が認められませんし、検査で検出することもできません(自己の成長ホルモンと外来投与の成長ホルモンを区別できない)ので、どれほど普及しているかは不明です。

そして、疲労回復の効果は劇的です。心臓の収縮力を高めることから、持久力が高まりますが、同時に、強力な疲労回復効果をもたらします。筋肉系の疲れに対してはダイレクトな効果を発揮し、脳疲労に対しても、下記の「脳に対する効果」で示すように、意欲、気力の高まりと同時に、「脳の疲れが吹っ飛んでしまう」という効果をもたらします。

肌との関係

生まれたての赤ちゃんの皮下組織の水分含有率は88%です。20歳でも68%あります。この頃の肌には弾力があり、ハリがあります。以後、皮下組織の水分含有率は年々低下し、60歳を超えると60%以下になります。
皮下組織に水分をため込んで弾力を作るのは、皮下組織のヒアルロン酸です。だから、美容外科では、肌のハリを回復させるために、ヒアルロン酸注入を行うことがあります。ところで、このヒアルロン酸は、皮下組織にある繊維芽細胞によって合成されています。

線維芽細胞は全身の皮下組織に多く存在し、コラーゲン、ヒアルロン酸を合成します。彼に伴いこの合成能力が衰えるので、肌のハリが失われていくのです。成長ホルモンはその線維芽細胞を活性化させ、皮下のヒアルロン酸量を増やしますので、皮下の水分保持量が高まります。その結果、肌のハリが高まる、という効果を出します。結局、成長ホルモンを使用すると、全身の繊維芽細胞が活性化して、皮下組織のボリュームが高まり、肌に弾力とハリをもたらすのです。

不妊治療

「頑張って不妊治療に取り組んだけれどダメだった。もう妊娠をあきらめていた」という女性で、成長ホルモンを利用したところ、「突然、自然妊娠した」というケースが、よく見られます。

不妊治療中は、成長ホルモン投与で卵子のグレードが上がることが確認されていますので、治療中でなくても、良質の卵子が排卵されるのは間違いありません。基本的な体力向上、若返りの効果も大きいようです。また、男性の精子量を増やすことができますので、男性不妊の場合にも利用価値が大きいと思います。成長ホルモンを利用すると性行為回数が増えますのでそれも関与しているのかもしれません。

成長ホルモンと不妊症治療について

バストアップ

成長ホルモンは、乳腺のラクトゲン受容体に作用して、バストアップの効果を有します。一定の条件を満たしている女性に対して、この効果は強く現れます。アップしたバストは成長ホルモンの投与を中止しても小さくならないので、チャレンジする価値は十分にあります。

20歳前後でチャレンジしても駄目だったのに、30歳前後でチャレンジすると、急にバストアップする人もいます。ラクトゲン受容体が乳腺に発生する時期に遺伝的な差異があるようです。10歳代でバストが大きくなる人は、このラクトゲン受容体が思春期の段階で十分に発言していたものと思われます。

バストサイズがアップするのはナゼ?

バストのハリ

30歳代後半から50歳代前半の女性が利用すると、バストのハリが回復すると同時に、ウエストのくびれが目立ってきます。肌のハリも高まりますので、急に若返ったようにみられます。この目的で成長ホルモンを利用している人は年々増えていますので、身近な人で急に若返ったように見える人は、こっそりと成長ホルモンを使っていると思って差し支えありません。

内臓脂肪との関係(加齢に伴う体型の変化とダイエットとの関係で注目!!)

若い頃は太っても、お腹は出てきません。しかし、30歳を超えるとちょっと太ったときにお腹が出てきます。お腹の中の腸の周囲には、脂肪を分解するホルモン感受性リパーゼという酵素がたくさんあります。若い時は、この酵素の活性が高く、腸の周囲に脂肪がつかないように見張られているのです。だから、若い時は多少太ってもお腹は出てきません。しかし、このホルモン感受性リパーゼの活性は、加齢に伴い低下します。それに伴い、ちょっと食べすぎるとお腹が出てくるのです。
ところで、もともと、このホルモン感受性リパーゼは、成長ホルモンにより活性化されます。つまり、加齢に伴い体内の成長ホルモンが減ってしまうので、ホルモン感受性リパーゼの活性が低下し、内臓脂肪がついて、お腹が出てきてしまうのです。
だから、逆に、成長ホルモンを投与しながらダイエットに取り組むと、内臓脂肪が優先的に落ちていきますので、ウェストのくびれが目立ち、メリハリのある体型になります。成長ホルモンの作用で、女はバストのハリが回復し、男は筋肉が発達しますので、体型は際立つ美しさになります。

成長ホルモンとダイエット

脳に対しての作用、うつ病・うつ状態の治療効果

成長ホルモンは脳に対しても作用を有しています。まだ研究未開拓の分野ですが、高齢者に投与すると、たいていは外出意欲が高まります。家で閉じこもっていた91歳の高齢女性に舌下投与スプレーで投与したところ、突然、ニューヨークに行きたいと言い出して、一人で行ってきたという実例があるほどです。中年者でも意欲が高まり、やる気が出てくる、朝から元気になる、と大半の人が実感しますので、脳に対する作用が存在することは容易に推測されます。繁華街などで若者達が集まって、盛り上がっているシーンをよく見かけますが、あれは脳内に「何かいいことがありそうな予感がしてウキウキする」という気持ちを持っているからです。加齢に伴い、その気持ちがなくなり、「落ち着いた」といわれますが、あの「何かいいことがありそうな予感がしてウキウキする」というのが、まさに成長ホルモンの脳内作用と推定されます。今後の研究成果を待ちたいと思います。

成長ホルモンが、この分野で威力を発揮するのは、うつ状態の回復です。そして、うつ病の薬物治療からの離脱です。「朝から元気が出ない。やる気がしない」という場合は、ほぼ確実に回復します。回復するまで、2~3週間です。回復したら、意欲あふれる生活に戻っています。疲労回復効果も強いですので、一挙両得です。そして、うつ病に対して薬物療法を行っている時は、成長ホルモンを併用してみてください。少しずつ元の薬物を減らしていくことができます。この場合の治療は、もともと体内に存在する成長ホルモンを利用していますので、極めて自然です。また、うつ病の薬物治療においては、体重が増えていくのが特徴ですが、成長ホルモンを併用すると体重が減り始めます。

脱毛、抜け毛の防止、発毛、育毛、増毛

成長ホルモンを利用した人は、皆、「抜け毛がなくなった」「髪が伸びるのが早くなった(床屋に行く回数が増えた)」「髪が増えて、ふさふさになった」とアピールします。成長ホルモンには、体内でたんぱく質を作り出す反応を高める作用(蛋白同化)がありますが、髪の毛はまさにタンパク質ですから、そうなるのは当然です。それにしても、男の30歳代、40歳代の抜け毛防止には抜群の効果があります。男の脱毛、抜け毛には遺伝的な要素が関係していますが、発症するのは体内の成長ホルモンが激減する時期に相当します。遺伝を発現させる因子と、体内の成長ホルモン減少が、強く関与しているのであろうと示唆されます。
なお、女性の髪は必ず量が増えて、艶やかになります。抜け毛がなくなり、伸びるのも早くなります。

成長ホルモン投与の手法

成長ホルモンを投与する手法としては、皮下注射舌下投与の二系統が存在します。注射は持続高濃度を作り出し、舌下投与は瞬間的な血中高濃度を作り出します。皮下注射はインスリンと同じで自分で注射することができます。成長ホルモンはアミノ酸191個の大分子のペプチドホルモンですので、舌下から吸収されるかどうかに関して疑う医師もいるようですが、初めて投与したときは、投与直後に「クラッとする」という副作用が出現しやすいこと、乳腺が強く張るという副作用が認められる場合があることなどから、吸収されるのは確実で、しかも、舌下投与後10~30秒で血中濃度はさっと高まるようです。
経験的に、皮下注射と舌下投与では作用がやや異なっているように思われます。研究がすすんでいない分野ですが、皮下注射はIGF-1(成長ホルモンの代謝過程の産物)による作用が強くみられ、舌下投与は成長ホルモンそのものの作用が強くみられるように思います。

成長ホルモン使用に対する見解

健康保険大国の日本においては、「病気を治療する」のが医師の役割ですから、成長ホルモンの健康管理分野での利用に関して、否定的な見解を述べる医師も多いようです。
成長ホルモンの健康管理分野での利用日本の医療制度は、憲法で保障された「健康で文化的な最低限度の云々」を実現するために、政府が事業母体となって、病気になった人の治療に関して、各医療機関にその手足としての最低限度の診療行為を外注しているのが、基本システムです。つまり、健康保険を行っている医療機関は最低限度を委託された外注請負機関に過ぎません。そして、その最低限度の外注を請け負う医療機関に対して、「こうでなければいけない。こういうことをやってはいけない」という規制システムを作っています。その規制は、製薬業界の調整やコスト問題、学会医師のメンツなどを内含した規制であり、患者のことを純粋に考えた規制ではありません。日本の医師は、その規制の中で、純朴に育成された医師ばかりであると思ってかまいません。その医師達は、病気でない人が健康を求める心などまったく理解できていない、と言っても過言ではありません。その医師達の意見をどうとらえるかは、各個人の問題に帰すことになります。
余談ですが、日本の診療現場で患者が抱く諸疑問、諸問題は、その最低限度の外注を請け負った機関で育成された医師ばかりであることから発生しています。

成長ホルモンを6か月間投与すると・・・(100人中何人に成果が出たか)

アンチエイジング」を堂々と科学技術系予算に掲げたアメリカから、成長ホルモンについての医学論文がポツリポツリと発表されてきています。注射によって6ヶ月投与したところ、以下の効果があったと発表されています。

成長ホルモン処方判定

※メディカルサロンのドクターに依頼して、コメント付きの判定文を作成してもらっています。あくまで、処方が可能かどうかの判定だけですので、実際の処方を希望する場合は、医療機関の受診が必要です。

「成長ホルモン」が見た目を5歳若くする

若返りスプレー

フライデーに掲載されました

『若返りスプレー(メディカルサロンの成長ホルモンスプレー)』気になる“効き目”
アンチエイジングの決定打!『成長ホルモン』が見た目を5歳若くする!

短期間の体験をした男性記者は、「よく眠れて、疲れなくなり、抜け毛が減った」と語っています。

※成長ホルモンは「処方せん医薬品」です

成長ホルモンは日本、アメリカ、その他の欧米諸国において処方せん医薬品に分類されています。入手にあたっては、医師の診察と処方が必要です。医師による診察、処方、その他の指示なしで入手した場合は、法により罰せられることがあります。

なお、アメリカでは鹿角抽出エキスのスプレー剤を「本物の成長ホルモン」と銘打って一般販売されていますので注意してください。

成長ホルモンの安全性と副作用

成長ホルモンは、「ホルモン」と名前がついていますので、「副作用が怖い」と誤解している人が多いようです。確かに、「ホルモン」と名がつくものに「副腎皮質ホルモン」や「男性ホルモン」「女性ホルモン」があり、その製剤の長期投与による副作用が怖いことはよく知られています。しかし、成長ホルモンは、そのようなタイプのものとは異なっています。

低身長治療における成長ホルモンの注射と舌下投与スプレーに関して

背を伸ばすと言えば、成長ホルモンを連想します。治療に用いられることもあります。ご両親はまず成長ホルモンに関する正確な知識を身につけなければいけません。成長ホルモンの投与方法には、注射で投与する場合と舌下投与型のスプレー剤で投与する場合があります。両者の違いも理解するようにしてください。低身長の治療に取り組んできた15年以上の経験でまとめた成長ホルモンの利用価値に関して述べておきます。

  • 伸び盛りの時期(安定伸長期~よく伸びる2年)で、自己成長ホルモンが分泌されている子供には、成長ホルモンの注射は無効であった。成長ホルモンの舌下投与スプレーは、舌下投与する時刻により効果を示すことがあった。
  • 背の伸びが止まりかけている時期には、成長ホルモンは有効であった。ただし、注射と舌下投与スプレーでは、効果に差異があった。
  • 背の伸びが止まりかけている時期に、成長ホルモンを注射で投与すると、最初の1~2か月で2~7mm伸びることがあるが、その後はすぐに止まってしまい、以後は、にっちもさっちもいかなくなるのが通常であった。ただし、初歩的な再生医療を応用した特別な方法で伸びを挽回させることができたこともあった。
  • 背の伸びが止まりかけている時期に、成長ホルモンの舌下投与スプレーを利用すると、その後、半年から2年、伸び続けることがしばしばであった。
  • 注射と舌下投与スプレーによる効果の差異は、成長ホルモン注射が血中に持続的に成長ホルモンを送り出すのに対し、舌下投与スプレーは、血中に瞬間的濃度ピークを作りだすことによると推定された。つまり、注射による投与では、肝臓等で成長ホルモンが変換された結果のIGF-1の作用が中心となり、骨端線よりも筋肉に強い作用をあらわすと同時に、骨の成熟を促すことによる骨端線閉鎖が進行するのに対し、舌下投与スプレーでは、瞬間的高濃度により、IGF-1に変換される前の「成長ホルモンそのもの」が骨端線に働き掛けるから、と推定された。このことは、成長ホルモンの生理的体内動態(著しい濃度上昇と濃度下降の繰り返し)を考え合わせると興味深い知見である。
  • 腎臓病やベーチェット病などでステロイドを投与されている子供の場合は、成長ホルモン投与は、注射、舌下投与スプレーとも著効を示した。

このホームページから、子供の背を伸ばすことに関する多くのことを学んでください。

成長ホルモンとプラセンタを使った「1ヶ月集中美肌セット」

エイジングリカバリーを追求するメディカルクリニックだから実現した究極の美肌セット

最近、急に劣化してきた・・・シミ、シワが増えてこの先不安・・・と感じたら、この「1ヶ月集中美肌セット」で美肌を取り戻しましょう。継続により更なる効果が期待できます。

通常価格 ¥31,500 +税
初回限定 ¥25,000 +税
 ※初回限定価格はお一人様1回限り

お申込み、お問い合わせはこちら